ヘアーサロン 髪やブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 久々、DVD紹介。

<<   作成日時 : 2010/06/10 10:58   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

画像


<ブラッド・ダイヤモンド>

映画のあらすじ。
舞台は90年代、アフリカのシエラレオネ共和国。

貧しい猟師ソロモン(ジャイモン・フンスー)の村は
反政府過激派に襲われ、家族がバラバラに。

ソロモンは捕らえられ、奴隷として闇ダイヤモンド採掘場に送られる。
なんとしても家族の元へ戻りたいソロモンは、
作業中に大粒のピンクダイヤの原石を発見。
再び家族と暮らすために危険を承知でピンクダイヤを隠すが、
直後に政府軍によって捕らえられてしまう。

一方、刑務所で巨大なピンクダイヤの話を耳にした
ダイヤ密売人のアーチャー(レオナルド・ディカプリオ)は、
ダイヤと交換にソロモンの家族を探し出すと申し出る。

アーチャーは、有能な女ジャーナリスト(ジェニファー・コネリー)に
ダイヤ密輸のノウハウという特ダネを渡す事と引き換えに、
正規の報道パスの力で二人を紛争地から脱出させるよう頼む。

ダイヤで結びついた3人の男女の姿を力強く描いた社会派ドラマ。
紛争ダイヤの問題、少年兵の問題など
強烈なメッセージを発しつつも物語は
ヒューマンドラマとして展開し、感動的なラストへと向かっていく。


ざっと、こんな内容。



この作品のテーマ<ダイヤモンド>

ダイヤモンドという宝石は
希少で高価かつ透明に輝くピュアなイメージで
成功と美の象徴であると同時に

しかしその一方で<ブラッド>

採掘現場では奴隷同然の過酷な労働がまかり通っていたり、
一部はテロリストたちの資金源でもあるという
闇の部分も厳然と存在する。
ダイヤモンドの原産地のほとんどで内戦など武力紛争が起きている。
死と紛争の象徴でもあるこの宝石について、
その闇の部分に鋭く切り込んだのがこの『ブラッド・ダイヤモンド』


アクション映画として観ても、140分があっという間に過ぎるけど
社会派ヒューマンドラマの要素も強く、
常に映画の世界に引き込まれ、紛争ダイヤの存在を考えさせられる
とにかく凄い作品。

是非、観てみて〜
<髪や>にこのDVDあります。
希望の方、お貸ししますよ〜


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
久々、DVD紹介。 ヘアーサロン 髪やブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる